泉田宥美治療院 | 日記一覧

患者さんの気持ちを第一に考える治療院

Top >  日記

泉田宥美治療院 の日記

今でも考えてしまう事

2013.09.20

私がプロボクサーだった頃の話。

6回戦に上がった頃、怪我の為、1年ほどブランクがあった。

その頃、マネージャーから1人の青年を見るように言われた。

A君はプロを目指していて、数か月後にプロテストを受ける予定…

続きを読む

体罰

2013.09.07

昨日、テレビで桜宮高バスケ部自殺初公判の放送を見た。
私は改めて、顧問の先生に対する激しい怒りを覚えた。
「自分の子供にも同じことができるのか?」
という問いに「・・・できません。」との答え。
自分の子供にで…

続きを読む

他人を思いやる心

2013.09.06

私が以前、勤めていたお寺での話。
ある日、池に落ちている落ち葉掃除をしようと、大きな網とゴミ袋を持って庭に行った。
すると、学校帰りの高学年の小学生7人くらいが池の周りでゲームをしたり、池の鯉を見て何やら…

続きを読む

「痛み」に対する考え方の変化

2013.08.25

2000年に開業して以来13年。
その間、たくさんの患者さんを施術させていただきました。
そして、いろんな経験をさせていただきました。

開業したての頃、ご高齢のご婦人が来院されました。膝が悪く数年病院に通っ…

続きを読む

人間にとって1番怖いことは・・・

2013.08.05

人によってはいろいろあると思います。
でも、つきつめていくと最終的に残るのは「死」だと私は思います。

   何故、そう思うか?
私がプロボクサーの現役の頃。
試合が決まった瞬間から、自分の心の中に恐怖心が芽生え…

続きを読む

生きるとは・・・

2013.07.31

「何の為に生きているのか?」 

  誰しも1度は考えたことがあるのではないでしょうか?  

「伊豆の踊子」という小説で有名な川端康成さん。 

  この方は、二歳のときに父を、三歳の時には、母を失ってしまい、   姉…

続きを読む

私の治療への思い<2>

2013.07.29

私は僧侶になりたくないというのもあり、15歳からプロボクサーになろうと決めました。トレーナーから、「お前のボクシングはアマチュアじゃなく、プロに向いている!」と言われたことが本当に嬉しかったです。

そし…

続きを読む

私の治療への思い

2013.07.26

私はお寺の家に生まれました。 小さい頃から、将来は僧侶になるよう言われていました。私もまた、それはしょうがない事だと思っていました。 小学校の「将来の夢」と題した作文でも、「私は将来、僧侶にならなければな…

続きを読む

はじめまして。

2013.07.20

泉田宥美治療院の中村と言います。 当院は2000年に開院いたしました。 まずは自己紹介をさせていただきます。 私は香川県出身で、実家はお寺です。しかし、僧侶になりたくなくて、両親から4年という期限付きで東京…

続きを読む

はじめまして。
【PR】  インターセクト外語  有薗天生堂整骨院  名駅東クリニック  Dining Sports Bar 運  デントレップ神戸 デントリペア ウインドウリペア お車のヘコミ、フロントガラス飛び石修理